ギャラン・フォルティス ランサーエボリューションX

ギャラン・フォルティスでランサーエボリューションXの真似

ギャラン・フォルティスでランサーエボリューションXの真似

世の中には欲しくても金銭的に買うことができずにその下のクラスの車でごまかすという方がいます。

 

特に似たようなプラットフォームを持ち、その中でスポーツモデルと一般的な標準モデルを持つ車にその傾向が高くなっています。

 

そういう方が必ずといっていいほどやるのが「もどき」作りです。

 

同じプラットフォームや同じ基本ボディを使っているので、大部分のパーツ形状は同じという事を利用して、スポーツモデルだけに与えられている外装パーツを後から補修部品として購入して、それを標準モデルにとりつけて、なんちゃってスポーツモデルを作るという事です。

 

古くはBNR32スカイラインGT-Rを買えずに2リッターのGTS-T TypeMグレードのものを買い、それにGT-Rのフロントバンパーやリヤウィングをつけて、GT-Rもどきを作るという事が盛んに行われていました。

 

しかし、GT-R特有のブリスターフェンダーまでは真似ができずにすぐにばれることになりました。

 

最近では三菱のランサーエボリューションXが買えずに、ギャラン・フォルティスをかって、それにランサーエボリューションX、フロントパンパーやボンネット、リヤウィングなどを取り付けて、ランサーエボリューションもどきとする車をよく見かけますが、この場合もブリスターフェンダーやガソリンを入れる扉の形状が違うためにすぐにわかってしまいます。

 

憧れるのはわかるのですが、逆にみじめじゃありませんか?